男性の白髪染め



メンズ男性用白髪染めの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加   

白髪が増えてきて白髪染めを使いたいけど、どれを選べばいいの?

 

そんな方は、次のポイントに注意しながら選んでみてください。下にはタイプ別の選び方も記載していますので参考にしていただければと思います。

 

 

男性用の白髪染めを選ぶ3つのポイントです。

 

頭皮や髪の毛へのダメージが少ない

 

値段が高くなく継続的に使いやすい

 

口コミ・評判が良い


 

男性の場合、年を取ってくるとどうしても髪の毛が薄くなってきます。今は大丈夫でも将来のことを考えると少しでも頭皮や髪の毛にダメージを与えないよう気を使っておきたいところです。

 

また白髪染めは一度使えばそれで終わりということはありません。使い始めると定期的に染める必要があり継続して使うことになりますので、あまり高価なものは選ぶことができません。

 

それ以外にも、染まり具合や使いやすさなど実際に使っている方々の口コミや評判も確認できれば安心です。

タイプ別 白髪染めの選び方

抜け毛・薄毛が気になる方

抜け毛・薄毛が気になる方は・・・ヘアマニキュアタイプの白髪染めを選んでください。

 

抜け毛・薄毛には頭皮・髪の毛へのダメージを少しでも避けたいところです。

ヘアカラータイプの白髪染めの場合、キューティクルを広げ染料を入れるため、良く染まりますが反面キューティクルは破壊され髪の毛へのダメージは非常に大きくなります。
ヘアマニキュアタイプは表面に色をのせるだけですので、染まる強さや色の定着期間はヘアカラーに比べ劣りますが、髪の毛へのダメージはほとんどありません。
詳しくは・・・ヘアカラーとヘアマニキュアの違いとは?を参照ください

 

抜け毛・薄毛が気になる方におすすめの白髪染めは ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント

 

とにかくしっかり染めたい方

しっかり染めたい方は・・・ヘアカラータイプの白髪染めを選んでください。

 

ヘアカラータイプはキューティクルを広げて染料を入れるため、しっかり白髪が染まります。また一度染めると色持ちが良く長い場合2〜3ヶ月ほど染め直しが不要です。

一度の白髪染めでしっかり染めたい方や白髪染めの頻度を少なくしたい方にはおすすです。
ただし髪の毛へはそれなりのダメージがありますので、単発的に使用するのであればおすすめですが、継続的に使用するのであればあまりおすすめはできません。

 

しっかり染めたい方におすすめの白髪染めは ⇒ メンズビゲン ワンタッチカラー

 

肌が弱い・敏感肌の方

肌が弱い・敏感肌の方は・・・無添加タイプの白髪染めを選んでください。

 

市販の白髪染めの多くに添加物が含まれています。頭皮への影響を考えると無添加タイプの白髪染めがおすすめです。

また一般的に市販されているヘアカラータイプの場合、ブラシに染め剤を塗って染めていくものが多く素手で染めることはできません。
通販で入手できるヘアマニキュアの多くは無添加で直接素手で染めることができます。頭皮への刺激はほとんどなく肌の弱い方や敏感肌の方も安心して使用できます。

 

肌が弱い・敏感肌の方におすすめの白髪染めは ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント

 

白髪染めに手間をかけたくない方

白髪染めに手間をかけたくない方は・・・洗い流し不要タイプの白髪染めを選んでください。

 

白髪染めは塗って洗い流すだけで簡単といっても、それでも手間がかかるもの。

白髪染めの中には、種類はありませんが、洗い流しが不要なタイプの白髪染めがあります。
このタイプは整髪剤のようにクシやブラシに付けて、気になる部分に塗るだけです。太陽光や蛍光灯などの光に反応して白髪が染まります。
非常に簡単で便利なのですが、新技術のためか値段が高いのがネックではあります。

 

白髪染めに手間をかけたくない方におすすめの白髪染めは ⇒ グローリン・サンクロス

 

毎日のシャンプーついでに白髪ケアをしたい方

シャンプーついでに白髪ケアをしたい方は・・・白髪染めシャンプーを選んでください。

 

白髪染めは週に1〜2回程度のことなので大きな手間ではありませんが、中には面倒に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には、毎日使い続けることで髪に少しずつ色合いを与えて、気になる白髪を目立たなくできる白髪染めシャンプーがおすすめです。
白髪染めシャンプーなら手袋などの準備もいらず、忙しい朝でも簡単に白髪染めが出来てしまうので、朝にシャワーを浴びる方にもぴったりです。

 

シャンプーついでに白髪ケアをしたい方におすすめの白髪染めは ⇒ 利尻カラーシャンプー

このエントリーをはてなブックマークに追加   

このページの先頭へ戻る