男性の白髪染め

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント使用体験レポート

  このエントリーをはてなブックマークに追加

LPLP(ルプルプ)を実際に使用してみました。こちらも利尻ヘアカラーと同じ昆布のフコイダン成分を配合した白髪染めで、口コミもなかなか良さそうです。

 

使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートしていますで、購入をお考えの方がおられましたら参考にしてみてください。

 

LPLP(ルプルプ)が届きました

内容は、LPLP本品のほか、簡単な使用説明書と冊子、ヘアキャップ。意外とシンプルです。
カラーはダークブラウン、ブラウン、ソフトブラック、モカブラウンの4色ありますが会社で目立つと困るので一番無難なダークブラウンにしました。
LPLP(ルプルプ)到着

 

想像していたより意外と大きいサイズです。利尻ヘアカラーと比べるとこんな感じです。(容量はどちらも200gです)サイズの比較にiPhoneと並べてみました。
意外と大きいですね

 

敏感肌・アレルギー体質の人はバッチテストが必要と書いてあります。今まで他の白髪染めでアレルギーが出たことはありませんのでパッチテストはパスしました。

 

それでは白髪染めスタート

使い方は基本的に利尻ヘアカラートリートメントと同じですが、違いはシャンプー。
LPLPでは色が定着するまではシャンプーをせずに染め始めます。

 

一応、白髪染めをするときはワックス等は落としておきたいので、朝にシャンプーをしておいて、昼食後に白髪染めをスタートしました。

 

もちろん素手でも使えますが、そのまま使うと爪のすきまに入ってしまいます。
しっかり洗えば落ちますが面倒なので、今回は手袋を着用しました。

 

染め剤は昆布のネバネバ成分でかなり粘りがあります。利尻ヘアカラーよりも少し粘りが強いような感じです。垂れてくることはありませんので使いやすいですね。
染め剤

 

髪の毛全体に塗り込みます

普段は利尻ヘアカラーを使っていますが、今回は前回の白髪染めから1ヶ月弱くらい経過の状態。
耳上の両サイドと頭頂部に白髪が少し目立ってきています。
髪全体に塗り込みます

 

染め剤をしっかりと髪全体に塗っていきます。無添加なので頭皮の刺激もなく嫌なにおいもありません。白髪の多いところや生え際は特に念入りに。

 

まずは髪全体に揉み込むように染め剤を塗っていきます。
ヘアカラーと違い地肌に付いても大丈夫なので気楽に染められます。

 

塗り込んだあとはヘアキャップでカバー

全体に染め剤を塗り込んだら付属されているヘアキャップをかぶってカラーを定着させます。
上から蒸しタオルやアルミキャップで保温するとさらに染まりがよくなるようです。
ヘアキャップでカバー

 

20分ほど放置してしっかり洗い落とします

20分ほど髪になじませたあと、シャンプーできれいに洗い落とします。
まだ半乾きで分かりにくいですが、きれいに染まりました。
染まりました

 

説明書では、色がしっかり定着するまで3回くらい使用しないといけないようです。
使用説明書

 

使った感想

使用説明書では、3回くらい染めないとしっかり色が付かないと書いていましたが、普段から白髪染め(利尻ヘアカラ)を使っているためか1回できれいに染まっています。使ったあとのトリートメント感もかなりいい感じです。洗い流したあと髪がつやつやしています。

 

染まり具合もいいのですが、週に1~2回染めないといけないらしいので、コスト的にも手間的にもちょっと厳しいかな、という感じです。せめて2週間くらい持ってくれればいいのですが。。。継続使用は色持ちを見ながら検討したいと思います。

 

 

まだ限定キャンペーンが行われています。初めて白髪染めを試したい方はこの機会にどうぞ!

 

>>> LPLP(ルプルプ)公式サイト <<<
(商品は男女共用です)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ戻る