男性の白髪染め

利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)徹底比較

  このエントリーをはてなブックマークに追加

利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)徹底比較
髪の毛にダメージがない白髪染めとして人気のトリートメントタイプの白髪染め。中でも保湿効果の高い昆布を主成分とした白髪染めが人気です。
北海道産の良質な昆布にはネバネバの元「フコイダン(フコダインではありません)」が多く含まれており、髪をしっかり保湿しツヤツヤにする効果があります。

 

昆布白髪染めには「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」の二つが有名です。今回はこの二つの昆布成分配合の白髪染めを比較してみました。

 

「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」の違い一覧

比較項目 利尻ヘアカラーLPLP(ルプルプ)
主成分 利尻昆布ガゴメ昆布
価格 3,240円3,240円
お試し価格 2,160円
(33%オフ)
1,980円
(39%オフ)
年間コスト(※1) 5,897円11,232円
送料 (初回)
2本以上購入で無料
1本の場合は540円

(2回目以降)
7,000円以上購入で無料
1本の場合は540円
5,000円(税抜)
以上で送料無料
返金保証 返金保証なし(初回のみ)
使用後でも返金可能
容量 200g200g
タイプ ヘアカラートリートメントヘアカラートリートメント
手で染められる 直接手で染められる直接手で染められる
染まり具合 良く染まる良く染まる
匂い 無臭淡いアロマの香り
頭皮の刺激 感じない感じない
染め時間 5~10分10~20分
色持ち 10日間
(2週間くらいは許容可能)
5日間
(10日くらいは許容可能)
髪へのダメージ ダメージなしダメージなし
PH ph7(中性)ph8(微アルカリ性)
酸化染料の使用 未使用未使用
トリートメント効果 ありあり
カラー 4色

・ライトブラウン
・ナチュラルブラウン
・ダークブラウン
・ブラック

4色
・ブラウン
・ダークブラウン
・ソフトブラック
・モカブラウン
知名度 高いやや低い
公式サイト ピュール公式サイト Jコンテンツ公式サイト

(※1)年間コストは、
私自身の髪(トップの長さ10cm、サイドの長さ4cm、柔らかめの髪の毛)
で使用した結果から算定しています。
髪の毛の長さや髪質によっても使用量は変わりますので目安としてご覧ください。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントを実際に使用してみた体験記事も参照ください
LPLP(ルプルプ)を実際に使用してみた体験記事も参照ください

 

二つの昆布白髪染めを比べてみた結果

【使用感】どちらも無添加のトリートメントタイプで、使用感に大きな差はありません。染め上がりの状態もほぼ同じくらいです。

 

【色持ち】色持ちは染め方にもよりますが、利尻ヘアカラートリートメントで2週間くらい、LPLP(ルプルプ)で1週間弱が目安です。あまり手間がかからないと言え染め頻度が高いと面倒なもの。頻度を考えると利尻ヘアカラーが使いやすいです。

 

【コスト】こちらも染め方にもよりますが、利尻ヘアカラートリートメントの場合年間で2本(以下)の使用量。2本購入するとしても7,000円ほどですので続けやすいです。

 

私自身は色持ちとコスト面から利尻ヘアカラートリートメントを使い続けています。自分の髪質にもあっているようでかなり満足しています。
使用頻度は月1回です。(ただし徐々に色落ちして後半は少し白髪が目立ってはきます)

 

私がおすすめする白髪染めは ⇒ 利尻ヘアカラートリートメント

 

利尻ヘアカラーは初回お試しの価格設定がありませんので、LPLPに比べると若干敷居が高いかもしれません。もし昆布白髪染めが初めてでどういうものか試してみたいという方であれば、お試し設定のあるLPLPがおすすめです。(しかも使っても返品保証つき)

 

(追記)利尻ヘアカラーも初回お試し価格2,160円(税込)が設定されました。返金保証はありませんが、金額的にはお試ししやすくなりました。

 

お試しがお得な白髪染めは ⇒ LPLP(ルプルプ)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の昆布白髪染め 利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)どっちがいい?関連ページ

男性が白髪染めを選ぶときの注意点
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。
白髪染めの種類
薄毛とともに男性の大きな悩みのひとつである白髪、一般的に白髪が増えるのは、身体の機能の老化とともに30代半ば以降から多くなるといわれています。白髪とは、年齢を重ねるにつれて色素細胞の能力が衰え、毛髪の
男性用と女性用の白髪染めの違い
白髪染めには、男性用・女性用と区別して販売されているものを見かけるため、男性は男性用、女性は女性用しか使えないと思っている方もおられるかもしれません。しかしながら、男性用・女性用で基本的な成分に違いは
生え際の上手な髪の染め方
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。
白髪染めが薄毛の原因になるって本当?
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。
ストレスと白髪の関係
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。
薄毛が気になる人におすすめの白髪染め
男性用の白髪染めを探している人のなかには、白髪のほかに薄毛でも悩んでいるという人も多くおられます。薄毛と白髪というのは、見た目を老けて見えさせる要素だと言えます。
シャンプータイプの白髪染めのメリットとデメリット
男性用の白髪染めにもシャンプータイプのものがあります。シャンプータイプの特徴というのは、毎日の洗髪で自然に染めていくことができること、素手で扱うことができるので根元までしっかり染めることがで
トリートメントタイプの白髪染めのメリットとデメリット
男性用の白髪染めのなかでも人気が高いのがトリートメントタイプです。入浴時に使うことができますし、素手で扱うこともできるので、使いやすさという点もメリットとしてあげることができるでしょう。
ヘアカラータイプの白髪染めのメリットとデメリット
男性用白髪染めにもいろいろな種類があります。そのなかでも効果が長持ちするものと言えば、ヘアカラータイプのものでしょう。ヘアカラーというのは、髪の毛を脱色してから色を付けるもので、髪の毛の内側に染料
シャンプーで染まる?!白髪シャンプーで毎日簡単白髪ケア
白髪染めは準備や片付けが面倒なのでしたくないという方も多いことでしょう。しかし、予防も対策もしなければ悲しいことに白髪は歳とともにどんどん増えていきますし、切っても切ってもすぐに伸びてきてしまいます。
もみあげの白髪を上手に染める方法
男性の白髪染めで厄介な場所がもみあげです。全体を染めた後に、やがて髪が伸びてくるともみあげの白髪が目立つようになってしまいます。この場所だけを染めようとしてもなかなか染めにくく、液ダレがあると髪染めに
大手化粧品メーカー会社の白髪染めなら安心
テレビのコマーシャルや新聞・雑誌の広告などでも見ない日はないと言っていいほどあちこちで見かける白髪染め。 昔は白髪を染めている年配の男性はごく少数で年配の方イコール白髪というイメージだったのですが、最
サラリーマンの白髪染めの選び方
サラリーマンのなかにも、白髪染めを使い始めようと考えている人がいるはずです。男性の場合は、20代の頃は白髪があっても2、3本という人でも、30代の後半から急に目立つようになるというケースもあります。も
グレーヘアーの白髪染めが人気
白髪染めというと、黒やブラウンなどのカラーが定番ですが、今人気になっているのがグレーヘアー。グレーカラーとはその名の通り、白髪が灰色っぽく染まる白髪染めで、あえて真っ黒に染めてしまわず、オシャレとして
白髪染めで若返りに挑戦しよう
白髪というのは、一般的に加齢の特徴というイメージがあるので、年齢に関係なく5歳~10歳ぐらいは老けて見られてしまいます。髪の色なんて関係ないと思う方もいるかもしれませんが、頭部というのは面積が広いので
えっ!鼻毛に白髪?鼻毛に出てくる白髪の原因と対策とは。
髪に白髪が生えていると目立つのでうんざりしてしまいますが、それでも染めることで隠せます。しかし、鼻毛の場合は染めることはできませんし、うっかりすると処理をし忘れてしまうこともあります。鼻毛の白髪に関し
白髪を茶色に染めるならこの白髪染めがおすすめ
白髪染めをしている方の中で、真っ黒ではなく、少し明るめに茶色い髪に染めたいというニーズをお持ちの方も多いようです。白髪染めで髪の色をしっかりと茶色にしたいと思う方はどの白髪染めを選べばいいのでしょうか
白髪ぼかしと白髪染めの違いは?
男性向けの白髪対策商品に白髪ぼかしと白髪染めがありますが、その違いについて正しく理解している人は意外にも多くありません。ヘアマニキュアなどの男性向け白髪染めというのは、髪の毛に染料を浸透させることによ
白髪ぼかしのメリットとデメリットを知ろう
男性の白髪対策として、白髪ぼかしを使ってみようと思っている方であれば、事前にこの商品のメリットとデメリットを知っておくのは大切です。実際に使ってみたものの、思っていたような仕上がりではなかったと後悔し
こめかみ・生え際の白髪におすすめの白髪隠し
白髪染めをした後に髪が伸びてきて、分け目や生え際の白髪が目立ってしまうというケースがよくあります。そのままだとみっともなくなってしまうため、手間や時間を掛けずに白髪染めを上手にしたいと思うかもしれませ
全体染めの白髪染めの選び方
いつまでも男性として若々しさを保つためには、白髪染めを上手に活用することが大切です。頭髪の一部に白髪が見られる場合や、生え際だけを染めたい場合には部分染めも有効ですが、白髪があちこちに目立つようになっ
部分染めの白髪染めの選び方
髪の生え際などの白髪を染めたい場合は部分染めが便利です。男性用の部分染めには乳液タイプや液状タイプ、ヘアマニキュアタイプ、ミストタイプ、タッチペンタイプ等が出回っていますが、どれにすれば良いのかわかり
男性の毛染めポイント|ヘアカラーリングで気を付けたい5つのこと
男性が白髪染めを使って毛染めをするときに注意したいポイントがあります。以下の5つのポイントを意識しながら毛染めをしてみてください。上手に使えば、染まり具合やカラーの持続期間にも差が出ます。
プリオール カラーコンディショナーの色選び
プリオールを使ってみたいと思った時に、色選びは何を参考に選べばよいのでしょうか?資生堂・ワタシプラスのオフィシャルサイトでは、プリオール カラーコンディショナーの色選びの参考として、白髪染めが初めての
髪のぱさつきが気になる人の白髪染め
男性の白髪染めを選ぶ際には、髪のパサつきを抑えたタイプを選ぶことも大切です。男性の髪の毛は、コシがしっかりしているというイメージが有りますが、キューティクルが失われてしまうと髪の毛がダメージを受け、ハ
白髪を染めない男性のイメージは?
加齢とともに白髪になってしまうのはしょうがないことですし、男性自身も自然なことだからといって放っておく人も多いようです。また、白髪が出来る世代の男性は女性と違ってヘアカラーをする人も多くありませんし、
軟毛と硬毛、髪質に応じた白髪染め
白髪染めはいろいろなメーカーからたくさんの種類が発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。染まり具合は、選ぶ白髪染めのカラーや種類によっても異なりますし、また髪の質によっても異
PH値と白髪染めの関係性|染まり具合と髪ダメージのバランス
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。
ヘアカラー・白髪染めの染毛剤による皮膚障害
消費者安全調査委員会から、ヘアカラーや白髪染めなど医薬部外品の染毛剤による皮膚障害について報告書が発表されていました。ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色やタイプの白髪染め。自宅で手軽に毛染めがで
メンズビゲン白髪染めの種類と選び方
女性だけでなく、男性が白髪を染めることは身だしなみのひとつとして定着してきました。男性用の市販の白髪染めは各社からたくさん販売されていますが、その中でも売れ筋はホーユーのメンズビゲンです。タレントの東幹久
眉毛に白髪を発見したときの正しい対処法
ある日何気なく鏡を見ていたら、眉毛に白髪を発見してショックを受けたという経験はありませんか?頭髪の白髪はもちろんのこと、眉毛に白髪があるだけで、より一層老けて見えてしまいます。白髪は頭髪だけでなく、眉毛
白髪の生えた場所から健康状態やカラダの不調がわかる!?
白髪ができる原因は、加齢をはじめ、食生活や生活習慣の乱れ、運動不足や睡眠不足、ストレスや喫煙などいくつのも要因が複雑に絡まりあっていますが、白髪の生える場所から健康状態やどの内臓が不調なのかがある程度
昆布成分の白髪染めの人気が高い理由
最近、昆布成分を使った白髪染めが人気になっていますが、その理由は髪を元気にしてくれるからです。昆布には、髪の毛や頭皮を構成するタンパク質の形成をサポートしてくれる、ミネラル成分が豊富に含まれています。
お風呂で白髪染めをするときの注意点
カラートリートメントやシャンプータイプの白髪染めは、素手で染められるので風呂に入ったついでに使えて便利。でも注意したいことも。お風呂で白髪染めをした後になって後悔しないための注意点やポイントをご紹介しています。
利尻カラーシャンプーは染まる?染まらない?実際に使ってみました
白髪染めの種類も増えて、最近ではシャンプーをするだけで白髪が染まる商品もあります。その中でも最も有名なのが、ヘアカラートリートメントでもお馴染みの利尻シリーズから販売されている「利尻カラーシャンプー」
白髪を予防・改善する方法
30代・40代、白髪が気になり始めたけれど、どの白髪染めを選べば良いのか分からない、という方が多くいらっしゃいます。【男性用白髪染め】徹底比較&選び方ガイドでは、そんな方々のために、男性用白髪染めを徹底比較して、正しい選び方をガイドしています。

このページの先頭へ戻る