男性の白髪染め



男性用白髪染めの基礎知識記事一覧

男性が白髪染めを選ぶときのポイントや注意点

男性の場合、年齢を重ねると白髪だけでなく薄毛や抜け毛など髪の悩みがいろいろと増えてきます。白髪染めは一度使ったらそれで終わりではなく定期的にケアをする必要があります。そのため、できるだけ髪や頭皮を傷める心配のない低刺激の白髪染めを選ぶことが大切です。ドラッグストアやスーパーなどで販売されているヘアカラーやヘアダイなどの白髪染めは薬剤が強く、頭皮や髪にとって刺激となり、使い続けることによって頭皮や髪がダメージを受け、薄...
続きはコチラ

えっ、白髪染めって1種類じゃないの?白髪染めの種類

ひとくちに白髪染めと言ってもいろいろな種類があります。はじめてドラッグストアやネットで白髪染めを選ぶときに迷ってしまう方も多くおられると思います。白髪染めには、大きく分けて「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」「一時着色料」の4種類があります。ヘアカラートリートメントも大きく分けるとヘアマニキュアの一種ですが、分かりやすいようにここでは分けてご説明します。それぞれ配合成分が違い、長所や短所、髪の...
続きはコチラ

安全に使える白髪染めの染料(酸性染料・HC染料・塩基性染料)

白髪染めは継続して使っていくものです。染まりが良いだけではなく、どんな染料・成分が配合されているかということも非常に重要です。白髪染めで使われている染料を正しく理解したうえで、髪や頭皮に安心・安全な白髪染めを選びましょう。白髪染めは毛髪を染めるためのヘアカラーリング剤の一種で、下表のとおり、医薬部外品に分類される「永久染毛剤」と化粧品に分類される「半永久染毛料」に大別されます。白髪染めで主に使われる染料「永久染毛剤」...
続きはコチラ

男性用と女性用の白髪染めの違いはあるの?

白髪染めを購入しようと、スーパーやドラッグストアに行くと一般的に男性用・女性用とコーナーが分かれて販売されているため、男性は男性用を女性は女性用しか使えないと先入観で思っている方も多いかと思います。女性用のものはモデルが女性で花柄やピンク系のパッケージだったり、男性用のものも男性のモデルで渋いパッケージのものが多く、いかにも男性用・女性用が別物の印象を受けてしまいます。メンズ○○○などとネーミングされているとなおさら...
続きはコチラ

人気の昆布白髪染め 利尻ヘアカラーとLPLP(ルプルプ)どっちがいい?

髪の毛にダメージがない白髪染めとして人気のトリートメントタイプの白髪染め。中でも保湿効果の高い昆布を主成分とした白髪染めが人気です。北海道産の良質な昆布にはネバネバの元「フコイダン(フコダインではありません)」が多く含まれており、髪をしっかり保湿しツヤツヤにする効果があります。昆布白髪染めには「利尻ヘアカラートリートメント」と「LPLP(ルプルプ)」の二つが有名です。今回はこの二つの昆布成分配合の白髪染めを比較してみ...
続きはコチラ

生え際の上手な髪の染め方

白髪の生え方は人それぞれです。普通の黒い髪の毛に混じって数本白髪が生える人も居ます。そういった方は数か月置きの白髪染めでも十分間に合います。中には白髪カッター等で白髪を気付いた時にカットするだけで十分と言う方もいますよね。けれども、生え際からしっかりとたくさん白髪が生えてしまっている人は大変です。1,2か月置きの白髪染めでも足りない位に気になってしまう場合も多いですよね。そういった方は根本中心に、根本のみを白髪染めす...
続きはコチラ

白髪染めが薄毛の原因になるって本当?

白髪染めはどうしても髪の毛にダメージを与えてしまいます。もちろん通常のカラーリングでもダメージは大きいです。若い頃にカラーリングやパーマ等沢山頭髪に行った人の髪の毛は、どんどん薄く弱くハリのない物になっていくでしょう。それは白髪染めでも同じです。実際に、通常のカラーリングよりも黒染めは髪の毛にダメージを与えやすいです。ですから、白髪染めは髪の毛にとてもダメージを与える物なのです。最近は、市販の白髪染めでもダメージを抑...
続きはコチラ

ストレスと白髪の関係

ストレスで白髪になる事は有ります。若白髪、と言って10代20代の内から白髪が出てきてしまう方もいますよね。もちろん生まれ持った性質と言う事も有ります。けれども中には、ストレスが原因で白髪が出来てしまう人も居るのです。その原因はメラノサイトの活動です。髪の毛の色素の素となるメラニン色素を作っているのが、メラノサイトです。このメラノサイトは精神的な影響をとても受けやすい性質なのです。ですから、ストレスが溜まり精神面が弱っ...
続きはコチラ

薄毛が気になる人におすすめの白髪染め

男性用の白髪染めを探している人のなかには、白髪のほかに薄毛にも悩んでいるという人も多くおられます。薄毛の方が白髪染めを選ぶ場合は注意が必要です。なぜなら、白髪染めは髪の毛への負担が大きいというだけでなく、頭皮へのダメージがとても大きいからです。元々薄毛の方は、頭皮の健康状態があまり良くありません。薄毛対策として頭皮は常に健康でありたいですが、刺激の強いヘアカラーは髪を黒く染めることはできたとしても、頭皮環境を悪化させ...
続きはコチラ

シャンプータイプの白髪染めのメリットとデメリット

男性用の白髪染めにもシャンプータイプのものがあります。シャンプータイプの特徴というのは、毎日の洗髪で自然に染めていくことができること、素手で扱うことができるので根元までしっかり染めることができる点などをあげることができます。その反面、すぐには大きな効果が現れないという点には注意も必要になります。目立つ白髪をすぐに染めたいという人や即効性を求める人は、別の方法を選択しないといけないこともあるでしょう。また、男性用の白髪...
続きはコチラ

トリートメントタイプの白髪染めのメリットとデメリット

男性用の白髪染めのなかでも人気が高いのがトリートメントタイプです。入浴時に使うことができますし、素手で扱うこともできるので、使いやすさという点もメリットとしてあげることができるでしょう。肌や服に付着しないように気をつけながら、薬剤を混ぜてブラシで髪の毛になじませてといった面倒なことをしなくても白髪を染めていくことができます。肌についた色も簡単に落ちるので扱いやすいという点が大きなメリットになっているのです。また、低刺...
続きはコチラ

ヘアカラータイプの白髪染めのメリットとデメリット

男性用白髪染めにもいろいろな種類があります。そのなかでも効果が長持ちするものと言えば、ヘアカラータイプのものでしょう。ヘアカラーというのは、髪の毛を脱色してから色を付けるもので、髪の毛の内側に染料を浸透させることができるので、そのぶん効果が長持ちするようになっています。薬剤でメラニン色素を分解し、その隙間に色を染み込ませていく仕組みになっています。値段も安いことから市販で手に入れやすいものだと言っていいでしょう。また...
続きはコチラ

シャンプーで染まる?!白髪シャンプーで毎日簡単白髪ケア

白髪染めは準備や片付けが面倒なので、出来ればしたくないという男性も多いことでしょう。しかし、予防も対策もしなければ悲しいことに白髪は歳とともにどんどん増えていきますし、切っても切ってもすぐに伸びてきてしまいます。また、生え際や分け目、こめかみなど顔周りの白髪は特に目立ち、だらしない印象を与え、見た目を一気に老けさせてもしまいます。やっかいな白髪、いつものシャンプーで染められたら、そんな楽なことはないですよね。そんな面...
続きはコチラ

もみあげの白髪を上手に染める方法

加齢とともに少しずつ増える白髪。白髪が生える年齢や場所は人それぞれですが、男性の場合、もみあげや耳周りこめかみの白髪が特に気になって仕方がないという声をよく聞きます。女性と違って男性の場合は短髪の方が多く、もみあげやこめかみなどの顔周りは目立つ場所。隠せない部分でもあるため、そこに白髪があるだけでだらしなく見えたり、疲れて見えたり、一気に見た目年齢をアップさせてしまうことにもなります。黒髪の中に1本あるだけでも目立つ...
続きはコチラ

大手化粧品メーカー会社の白髪染めなら安心

テレビのコマーシャルや新聞・雑誌の広告などでも見ない日はないと言っていいほどあちこちで見かける白髪染め。昔は白髪を染めている年配の男性はごく少数で年配の方イコール白髪というイメージだったのですが、最近では白髪を染めて若々しく、実年齢には全く見えない方が増えた印象を持ちます。これは男性も女性と同じように紫外線や肌のケア、むだ毛の処理や髪色など美容やおしゃれに興味がある方が増えたことによるものと思われます。白髪染めと一言...
続きはコチラ

サラリーマンの白髪染めの選び方

サラリーマンのなかにも、白髪染めを使い始めようと考えている人がいるはずです。男性の場合は、20代の頃は白髪があっても2、3本という人でも、30代の後半から急に目立つようになるというケースもあります。もちろん個人差はありますが、それでも40代前後から白髪染めを使うようになったという人もいるものなのです。そのときには、いろいろな種類があるので、そのなかから自分に合ったものを選んでいくことになるでしょう。サラリーマンでも、...
続きはコチラ

あえて真っ黒に染めない!グレーヘアーに染める白髪染めが人気

男性の白髪染めというと、黒やブラウンなどの定番のカラーが主流ではありますが、今人気になっているのがグレーに染めるグレーヘアーです。グレーヘアーとはその名の通り、白髪が灰色っぽく染まる白髪染めで、あえて真っ黒に染めてしまわず、オシャレとしてグレーヘアーを楽しみます。白い髪というのは色素が入っていない状態なので、ヘアカラーなど市販の白髪染めを使うと色が入りすぎてしまうことがあります。顔はしわやしみなど年齢相応なのに髪だけ...
続きはコチラ

白髪染めで若返りに挑戦しよう

白髪というのは、一般的に加齢の特徴というイメージがあるので、年齢に関係なく5歳~10歳ぐらいは老けて見られてしまいます。髪の色なんて関係ないと思う方もいるかもしれませんが、頭部というのは面積が広いので、どうしても一番最初に目についてしまいます。特に男性の場合は、年齢相応の姿だから仕方ないと考え、白髪をそのまま放置している方も多いようです。例え目が悪い人でも白髪と黒髪の区別はつくので、どんなに肌の色艶が良くても白髪があ...
続きはコチラ

えっ!鼻毛に白髪?鼻毛に出てくる白髪の原因と対策とは。

えーっ!鼻毛に白髪!?最初に見つけたときはびっくりします。一般的には、髪に白髪が出始めるのと同じようなタイミングで鼻毛にも白髪が出てくることが多いようです。髪に白髪が生えていると目立つのでうんざりしてしまいますが、それでも、白髪染めを使って染めることで隠すことができます。しかし、鼻毛の場合は白髪染めなどで染めることもできませんし、うっかりすると処理をし忘れてしまうこともあります。鼻の中ですので白髪が生えていても外から...
続きはコチラ

白髪を茶色に染めるならこの白髪染めがおすすめ

白髪染めをしている方の中で、真っ黒ではなく、少し明るめに茶色い髪に染めたいというニーズをお持ちの方も多いようです。白髪染めで髪の色をしっかりと茶色にしたいと思う方はどの白髪染めを選べばいいのでしょうか?まず、一言で白髪染めといっても、ヘアカラーやヘアカラートリートメント、白髪隠しや白髪ぼかしなど色々な種類があり、それぞれに一長一短あるため自分に合った白髪染めを選ぶことが必要です。例えば2剤式のヘアカラーは毛髪内部に色...
続きはコチラ

白髪ぼかしと白髪染めの違いは?

男性向けの白髪対策商品に白髪ぼかしと白髪染めがありますが、その違いについて正しく理解している人は意外にも多くありません。ヘアマニキュアなどの男性向け白髪染めというのは、髪の毛に染料を浸透させることによって髪を染めていくものの事です。そのため使用後はすぐに髪全体を染め上げることができるという特徴があります。言い換えれば即効性のある髪の染め方です。髪全体を染めたい時や、黒い髪をいつまでも保ちたい、という気持ちの男性に向い...
続きはコチラ

白髪ぼかしのメリットとデメリットを知ろう

男性の白髪対策として、白髪ぼかしを使ってみようと思っている方であれば、事前にこの商品のメリットとデメリットを知っておくのは大切です。実際に使ってみたものの、思っていたような仕上がりではなかったと後悔してしまう前に、ある程度の知識をしっかり蓄えておくようおすすめします。男性の白髪対策として人気のある白髪ぼかしのメリットは、周りに気付かれずに白髪を染めていけることです。男性の白髪ぼかしは徐々に髪を染めていくため、白い色か...
続きはコチラ

こめかみ・生え際の白髪におすすめの白髪隠し

白髪染めをした後に髪が伸びてきて、分け目や生え際の白髪が目立ってしまうというケースがよくあります。そのままだとみっともなくなってしまうため、手間や時間を掛けずに白髪染めを上手にしたいと思うかもしれません。しかしながら、男性の生え際やこめかみの白髪を染めるのはなかなか大変です。全体染めでは手間がかかりますし、白髪染めを部分的に使用すると液ダレで必要のないところを染めてしまう可能性もあります。男性のこめかみや分け目、生え...
続きはコチラ

全体染めの白髪染めの選び方

いつまでも男性として若々しさを保つためには、白髪染めを上手に活用することが大切です。頭髪の一部に白髪が見られる場合や、生え際だけを染めたい場合には部分染めも有効ですが、白髪があちこちに目立つようになってくると、部分染めでは手に負えなくなってきます。その場合は全体染めの白髪染めを使うほうが効率よく白髪染めができ、見栄えもよくなります。男性用の白髪染めを選ぶ際には、ヘアマニキュアがおすすめです。ヘアマニキュアは染料が髪の...
続きはコチラ

部分染めの白髪染めの選び方

髪の生え際などの白髪を染めたい場合は部分染めが便利です。男性用の部分染めには乳液タイプや液状タイプ、ヘアマニキュアタイプ、ミストタイプ、タッチペンタイプ等が出回っていますが、どれにすれば良いのかわかりにくいと感じている人も多いことでしょう。部分染めに適した白髪染めを選ぶことで、髪染めが自然な形に仕上がります。部分染めに適したタイプとしてはタッチペンタイプやヘアマニキュアタイプがあります。液状タイプやミストタイプ、乳液...
続きはコチラ

男性の毛染めポイント|ヘアカラーリングで気を付けたい5つのこと

男性が白髪染めを使って毛染めをするときに注意したいポイントがあります。以下の5つのポイントを意識しながら毛染めをしてみてください。上手に使えば、染まり具合やカラーの持続期間にも差が出ますよ。ポイント①:髪を傷めない白髪染めを選ぶポイント②:髪質や髪色に合ったカラーを選ぶポイント③:白髪染めをするときはしっかり水気を取るポイント④:生え際や白髪の多い部分は多めに塗るポイント⑤:色移りしないようにしっかりタオルで水気を取...
続きはコチラ

プリオール カラーコンディショナーのカラーの選び方

プリオールを使ってみたいと思った時に、色選びは何を参考に選べばよいのでしょうか?資生堂・ワタシプラスのオフィシャルサイトでは、プリオール カラーコンディショナーの色選びの参考として、白髪染めが初めての方や、黒・濃い色調の髪色の方はブラック、暗めのブラウン・赤み(オレンジ・マロン)のブラウンの方はダークブラウン、明るいブラウン・黄み(イエロー・ベージュ・ゴールド)のブラウンの方はブラウンをおすすめしています。女性の方は...
続きはコチラ

髪のぱさつきが気になる人の白髪染めの選び方

男性の白髪染めを選ぶ際には、髪のパサつきを抑えたタイプを選ぶことも大切です。男性の髪の毛は、コシがしっかりしているというイメージが有りますが、キューティクルが失われてしまうと髪の毛がダメージを受け、ハリやコシを失ってしまいます。それがパサつきの原因にもなっているのです。男性の白髪染めには幾つもの種類がありますが、事前に選び方を知っておけばパサつきに悩む必要がありません。ヘアカラーが髪のパサつきの原因にも男性向けの白髪...
続きはコチラ

白髪を染めない男性のイメージは?

年を取ってくるとともに白髪になってしまうのはしょうがないことですし、男性自身も白髪が増えてくるのは自然なことだからといって放っておく人も多いようです。白髪が出来る世代の男性は女性と違ってヘアカラーになじみのある人も多くありませんし、白髪があってもどうやってケアをすればいいか分からない方も少なくありません。ですがいくらしょうがないことだとしても、やっぱり白髪をそのままにしていると老けて見えるだけではなく、なんとなくだら...
続きはコチラ

軟毛と硬毛、髪質に応じた白髪染めの選び方

白髪染めはいろいろなメーカーからたくさんの種類が発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。染まり具合は、選ぶ白髪染めのカラーや種類によっても異なりますし、また髪の質によっても異なってきます。ですので、値段やブランドだけではなく、まずは自分の髪質に応じた白髪染めを選ぶことも重要になります。髪質は大きく分けると軟毛と硬毛に分かれますが、この2つの質の染まり具合の違いは色が入りやすいか入りにくいかと...
続きはコチラ

PH値と白髪染めの関係性|染まり具合と髪ダメージのバランス

PH値と白髪染めの関係性PH値というのは、白髪を染めたときの染まり具合と髪の毛へのダメージにも大きく関係しているものです。PH値は、アルカリ性と酸性のレベル、つまり度合いを数字で表したもので、数値の範囲は0から14まであります。小さい数字であるほどに、酸性レベルが強くなり、反対に数字が大きくなれば、アルカリ性が強くなります。酸性とアルカリ性の真ん中、ちょうど変化する部分がPH7の中性ということになります。白髪染めに関...
続きはコチラ

ヘアカラー・白髪染めの染毛剤による皮膚障害

白髪染めによる皮膚障害に要注意消費者安全調査委員会から、ヘアカラーや白髪染めなど医薬部外品の染毛剤による皮膚障害について報告書が発表されていました。ドラッグストアの店頭に並ぶ、さまざまな色やタイプの白髪染め。自宅で手軽に毛染めができることから年代や性別を問わず広く使われています。しかしながら、ヘアカラーや白髪染めなどの一部商品で、アレルギーによって皮膚が大きく腫れ上がるなどの事例が相次いでいます。皮膚炎だけではなく、...
続きはコチラ

メンズビゲン白髪染めの種類と選び方

女性だけでなく、男性が白髪を染めることは身だしなみのひとつとして定着してきました。男性用の市販の白髪染めは各社からたくさん販売されていますが、その中でも売れ筋はホーユーのメンズビゲンです。タレントの東幹久さん(今はタッキーに変わりました)がコマーシャルをしており目にする機会も多いと思います。一言でメンズビゲンと言っても、いろいろな種類があって、初めて白髪染めを使う場合には、どれを選んでいいのかわからないという方も多い...
続きはコチラ

眉毛に白髪を発見したときの正しい対処法

ある日何気なく鏡を見ていたら、眉毛に白髪を発見してショックを受けたという経験はありませんか?頭髪の白髪はもちろんのこと、眉毛に白髪があるだけで、より一層老けて見えてしまいます。白髪は頭髪だけでなく、眉毛はもちろんのこと、鼻毛や陰毛、まつ毛にまで生えてきます。これは頭髪が白髪になるのと同じく、加齢が大きな原因だと考えられています。年配の方で眉毛まで真っ白になっている方を見かけたことはありませんか?他にも栄養不足やストレ...
続きはコチラ

白髪の生えた場所から健康状態やカラダの不調がわかる!?

白髪ができる原因は、加齢をはじめ、食生活や生活習慣の乱れ、運動不足や睡眠不足、ストレスや喫煙などいくつのも要因が複雑に絡まりあっていますが、白髪の生える場所から健康状態やどの内臓が不調なのかある程度推測することができます。白髪の生える場所別カラダの不調白髪ができる場所によってカラダから発せられているサインをいち早く知ることができます。こめかみの白髪・・・過度なストレス、慢性的な眼精疲労分け目や頭頂部の白髪・・・紫外線...
続きはコチラ

昆布成分の白髪染めの人気が高い理由

最近、昆布成分を使った白髪染めが人気になっていますが、その理由は昆布の高い保水・保湿効果によって白髪を染めながら髪にコシやツヤを与えてくれるからです。昆布には、髪の毛や頭皮を構成するタンパク質の形成をサポートしてくれる、ミネラル成分であるフコイダンが豊富に含まれています。つまり白髪を染めながら、髪や頭皮の栄養となる成分を補給することができるので、傷んだ髪を修復したり頭皮環境を改善することができるのですね。また、昆布成...
続きはコチラ

お風呂で白髪染めをするときの注意点

美容院で白髪染めをすれば、毎回コストがかかってしまい、自宅で白髪染めをされている方も多いと思います。当サイトでもおすすめしている髪や頭皮を傷めることがない無添加のカラートリートメントやシャンプータイプの白髪染めは、素手で染められるので風呂に入ったついでに使えることができ、とても便利です。湯船に浸かってリラックスしながら音楽を聞いたり、ゲームをしたりしながら染め時間を有効活用できたり、温かい室温の中で染める方が染まりも...
続きはコチラ

利尻カラーシャンプーは染まる?染まらない?実際に使ってみました

白髪染めの種類も増えて、最近ではシャンプーをするだけで白髪が染まるという商品もあります。その中でも最も有名なのが、ヘアカラートリートメントでもお馴染みの利尻シリーズから販売されている「利尻カラーシャンプー」です。みなさん基本お風呂には毎日入り、1日の疲れを癒したり、頭皮や体に付いた汚れを落とされているかと思います。そしてその際、シャンプーやリンスを使っていることかと思いますが、その使うシャンプーを利尻カラーシャンプー...
続きはコチラ

うがいだけで白髪が減る?!白ごま油うがいの効果と正しいやり方

『白ごま油うがい』をご存知でしょうか?いま、白ごま油を使ってうがいをするだけで白髪予防ができると話題になっています。白ごま油とは普段料理などに使う香ばしい香りのゴマ油とは違って、生のごまをそのまま圧縮し精製した透明無味無臭の“太白ごま油”と呼ばれているものです。この“太白ごま油”を加熱処理(キュアリングと言います)したものを使って、1日1回うがいをするのが『白ごま油うがい』です。白ごま油はキュアリングをすることで、老...
続きはコチラ

白髪を予防・改善する方法

歳をとることによってできてしまう白髪はどうしても防ぎようがない部分もありますが、白髪ができるのは何も全てが加齢が原因というわけではありません。食生活の乱れによっておこる栄養不足や慢性的な睡眠不足、喫煙やストレスなどによる血行不良によってメラノサイトの働きが低下することによっても白髪になってしまいます。これ以上白髪を増やさないために、栄養のバランスに気を付けたり、適度な運動を行いストレスを発散する、質の良い睡眠をとる、...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る