メンズ男性用白髪染め



男性用白髪染めの選び方

白髪が増えてきて白髪染めを使いたいけど、どれを選べばいいの?

 

白髪染めにもたくさん種類があって、どれを選べば良いか迷っている男性も多いようです。

 

特に始めて白髪染めを購入するときは、テレビCMで見かける商品やドラッグストアで目についたものを手に取ってしまいがちです。

 

市販されているものは染毛力には優れますが、反面、劇薬や添加物を含んでいるものもあり、長期的には頭皮や髪の毛に悪影響を与える場合があります。

 

反対にトリートメント成分が配合され、髪のダメージを補修しながら白髪染めができる商品もあり、選択肢は本当にたくさんあります。

 

そんな白髪染め選びに迷われている方は、次のポイントに注意しながら選んでみてください。

 

男性が白髪染めを選ぶときの3つのポイント

白髪染めを選ぶときの3つのポイント

頭皮や髪の毛へのダメージが少ない
値段が高くなく継続的に使いやすい
利用者の口コミ・評判が良い

 

もちろん染まり具合や色持ちなど機能面でのポイントもありますが、実際にいろいろな白髪染めを使ってきて一番感じることは、何よりも「頭皮や髪の毛へのダメージが少ない」を最優先すべきだということです。

 

男性の場合、年を取ってくるとどうしても白髪だけではなく薄毛や抜け毛など髪の悩みが多くなってきます。

 

白髪染めは一度使えばそれで終わりということはありません。使い始めると定期的に染め直す必要があり継続して使うことになります。今は大丈夫でも将来のことを考えると、少しでも髪や頭皮への刺激やダメージは避けた方が良いと思っています。

 

またコストも重要です。機能面とのバランスになりますが、あまりコストがかかりすぎても継続するのが難しくなります。(機能とコストのバランスの取れた白髪染めあります

 

それ以外にも、染まり具合や使いやすさなど実際に使っている方々の口コミや評判も確認できれば安心です。

実際に使ってみて良かった白髪染め3選

30代後半から徐々に白髪が増え始めて、かれこれ10年近く白髪染めを使ってきました。

 

ドラッグストアで購入できるヘアカラーから始まり、ヘアマニキュア・ヘアカラートリートメントといった数多くの白髪染めを試してきました。

 

そんな経験から、実際に使ってみて「この白髪染めは良かった。他の人にもすすめたい。」と思える3商品をご紹介します。白髪染め選びの参考になりましたら幸いです。

 

⇒ 実際に使ってみて特に良かった白髪染めBest3はコチラの記事をご覧ください。


項目で選ぶ男性用白髪染め

8項目の総合ポイントで白髪染めを選ぶ

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

実際に使ったヘアマニキュア白髪染めを対象に、①コスパ、②染め時間(放置時間)、③色持ち日数、④初回価格、⑤匂いの少なさ、⑥初心者の使いやすさ、⑦ブランドの安心感、⑧染まり具合の8項目合計の総合点から白髪染めを評価。★総合点1位の白髪染めはコレ!

≫詳しく見る

コストパフォーマンスで白髪染めを選ぶ

コスパで白髪染めを選ぶ

1本当たりの使用可能回数や実際に使用してみた際の色持ち、商品価格から年間コストを算出して比較。

≫詳しく見る

染め時間(放置時間)で白髪染めを選ぶ

染め時間(放置時間)で白髪染めを選ぶ

白髪染めは出来るだけ短時間で簡単に済ませたいもの。染め時間(放置時間)の短さで白髪染めを比較。

≫詳しく見る

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

毎日染めるタイプのものから1週間以上カラーが持続するものまで。色持ち(カラー持続日数)で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

お試し初回価格で白髪染めを選ぶ

お試し初回価格で白髪染めを選ぶ

新しい白髪染めを試してみたいと思っても初回金額が高いと手が出しにくいもの。試しやすい白髪染めを比較。

≫詳しく見る

匂いの少なさで白髪染めを選ぶ

匂いの少なさで白髪染めを選ぶ

白髪染めも無臭からアロマ系まで様々。香りが苦手な方でも安心!匂いの少なさで白髪染めを比較。

≫詳しく見る

初心者にも使いやすい白髪染めを選ぶ

初心者にも使いやすい白髪染めを選ぶ

白髪染め初心者の方に、初めての方でも扱いやすく、比較的簡単に染められ、使いやすい白髪染めを比較。

≫詳しく見る

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

大手の化粧品ブランドから、普段あまり耳馴染みがないブランドまで、ブランドの安心感で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

染まり具合で白髪染めを選ぶ

染まり具合で白髪染めを選ぶ

使い勝手を考えると染まりが良い白髪染めを選びたいもの。実際に使用してみた染まり具合で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

男性用白髪染めの選び方記事一覧

コストパフォーマンスで男性用白髪染めを選ぶ

白髪染めは一度使えばそれで終わりではなく、定期的にケアをする必要があるため、コストも白髪染めを選ぶ際の重要な基準です。いくら染まりがよく口コミのいい商品でも、コストがかかりすぎるようであれば、使い続けることが難しくなります。そのため、白髪染めを購入する際には、価格や色持ちなど総合的に判断して選ぶ必要があります。1本当たりの使用可能回数や実際に使用してみた際の色持ち、商品単価から年間コストを算出していますので、白髪染め...
続きはコチラ

染め時間(放置時間)で男性用白髪染めを選ぶ

「白髪染めを塗ってからの放置時間がイヤ」という理由で白髪染めを敬遠する男性も意外と多いようです。定期的に行う必要がある白髪染め。毎回白髪ケアをしている方にとっても、できれば白髪染めは短時間で簡単に済ませたいものです。頭皮や髪にダメージを与えないヘアマニキュアを対象に、染め時間(放置時間)の短さで比較していますので、白髪染め選びの参考にしてください。染め時間(放置時間)で選ぶならこの白髪染め!!玉髪(たまぐし) 白髪用...
続きはコチラ

色持ち日数で男性用白髪染めを選ぶ

白髪染めには、毎日染めるタイプのものから1週間以上しっかりカラーが持続するものまで、白髪染めによって色持ち日数はまちまちです。色持ちが悪いと白髪染めの頻度が高まり、時間的な負担も大きくなってしまいますので、色持ちも白髪染め選びの重要な判断基準になります。頭皮や髪にダメージを与えないヘアマニキュアを対象にして、色持ち(カラーの持続日数)で比較していますので、白髪染め選びの参考にしてください。表示の色持ち日数について色持...
続きはコチラ

お試し初回価格で男性用白髪染めを選ぶ

評判のいい白髪染めを見つけて、自分でも試してみたいと思っても、最初の金額が高いとなかなか手が出しにくいもの。お試し価格であれば気軽に試してみれますし、いくつか取り寄せてみて使い勝手や染まり具合など自分に合ったものを見つけることもできます。こちらでは、各ヘアマニキュアを初めて購入する方を対象に、初回価格を比較しています。公式サイトでキャンペーン割引の適用される商品には「初回割引あり!!」マークを表示していますのでそちら...
続きはコチラ

匂いの少なさで男性用白髪染めを選ぶ

白髪染め=ツンっと鼻をつく嫌な匂いを連想する方も多いかと思います。あのツンっとする刺激臭は、ヘアカラーの薬剤の匂いですが、あの匂いが苦手で白髪染めをしないという方もいらっしゃるかもしれません。ヘアマニキュアであれば、ツンっとした嫌な匂いもなく、無香料のものや香りを比較的抑えたものが大半です。最近の白髪染めは、アロマなど香りのバラエティーが豊富なものも多く、香りに癒されながら染めるというコンセプトのものも多く販売されて...
続きはコチラ

初心者にも使いやすい男性用白髪染めを選ぶ

白髪を上手に染めるには、慣れとちょっとしたコツなども必要。初心者の方や白髪染めに不慣れな方だと、うまく染められずムラになったり、染まっていないところが残ったりということもあります。そんな白髪染め初心者の方に、初めての方でも扱いやすく、比較的簡単に染められ、使いやすい白髪染めをピックアップしました。白髪染め選びの参考にしてください。初心者が選ぶならこの白髪染め!!LPLPルプルプヘアカラーフォーム使いやすさ:泡タイプで...
続きはコチラ

ブランドの安心感で男性用白髪染めを選ぶ

白髪染めを選ぶ際、価格はもちろんのこと、クチコミの良さや使い勝手などを基準にされる方も多いかと思いますが、販売しているブランドの安心感も選ぶ基準の一つではないでしょうか。大手の化粧品ブランドから販売されているものや、普段あまり耳馴染みがないブランドでも長年の販売実績があるものまで、ブランドの安心感で白髪染めを選んでいます。是非、白髪染め選びの参考にしてください。ブランドの安心感で選ぶならこの白髪染め!!POLA(ポー...
続きはコチラ

染まり具合で男性用白髪染めを選ぶ

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、酸化染料を使用せず、HC染料と塩基性染料の2種類の染料を使用して髪を着色しています。これらの染料は、髪や頭皮を傷めず安全に使用することができますが、ヘアカラーに比べどうしても染め上りは穏やかになります。HC染料と塩基性染料にはそれぞれ特徴があり、HC染料は分子サイズが小さくキューティクルの隙間まで浸透しますが、簡単に流れ出してしまうためカラーが持続しません。反対に、塩基性染料は分子サ...
続きはコチラ

8項目の総合点で男性用白髪染めを選ぶ

白髪染めの種類も多く、初めての人であれば迷ってしまいます。いくら染まりが良くても値段が高ければ継続して使用することができません。また同じ手間をかけて染めるなら色持ちが良いものがいいでしょう。全ての条件を満たす白髪染めは見つからないかもしれませんが、出来れば少しでも条件の良いものを選びたいところです。このページでは、実際に使ってみたヘアマニキュアタイプの白髪染めを対象に、①コスパ、②染め時間(放置時間)、③色持ち日数、...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る