男性の白髪染め

白髪染めシャンプー「利尻カラーシャンプー」使用体験

  このエントリーをはてなブックマークに追加

普段は利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをしていますが、今回新たにシャンプータイプの利尻カラーシャンプーが発売されていましたので、購入のうえ実際に使用してみました。使い勝手や染まり具合などリアルな使用感を体験レポートします。購入をお考えの方がいましたら参考にしてみてください。

 

利尻カラーシャンプーが届きました

カラーは、ヘアカラートリートメントと同じくダークブラウンにしました。

 

使用説明書以外に、他の利尻商品の紹介やお得な定期価格の案内が同封されていました。
とりあえず広げて写真に収めました。
利尻カラーシャンプー到着

 

同封されている「ご使用の手引き」に使用方法が記載されていますが、使い方は至って簡単。
普段使っているシャンプーに代えて使うだけです。
ご使用の手引き

 

それでは実際に使ってみます

いつも使っているヘアカラートリートメントと並べてみると、ほぼ同じサイズです。
多分画面で見ているよりも、実際に手元に取ってみると小さいと感じるかもしれません。
ヘアカラーと並べてみました

 

シャンプー前の状態です。こめかみ辺りの生え際を中心に白髪が目立っています。
実は、今回のカラーシャンプーを試してみるために、定期的に使っていたヘアカラートリートメントを1ヶ月ほど休んで白髪が出ている状態にしています。早く染まることを願います。
染める前の白髪状態

 

シャンプースタート!

液体は見てのとおり真っ黒です。
柔らかさは普通のシャンプーと同じ程度かややさらっとした感じ。ヘアカラートリートメントはかなり粘りがありますが、カラーシャンプーは手を傾けると垂れてくる柔らかさです。
普通のシャンプーのような匂いがありますが、きつい刺激臭というようなことはありません。
普通のシャンプーと同じ柔らかさ

 

いつものシャンプーと同じように泡だてます。泡立ちが悪いかなとも思っていましたが、意外に良くて、しっかり洗うことが出来ます。
ここで注意をしたいのが、周りへの飛び散りです。口コミにも上がっていましたが、あまりガシャガシャすると周りに飛んで色が付いてしまいます。もちろんシャワーで流せばすぐに落ちますが要注意ポイントです。
すぐにコツがつかめますが、揉み込むように洗うとほとんど飛び散ることはありません。
ヘアカラートリートメントは素手で使うと爪にカラーが残ってしまいますが、カラーシャンプーではほとんど色が残りませんので、本当に普通のシャンプーのように使えます。
周りに飛ばないようにシャンプー

 

カラーシャンプーを一週間使ってみて・・・

1回・2回使っただけでは、ほとんど効果は感じられませんでした。

 

一週間ほど使ってみた状態が次の写真です。
写真を撮るときの光の加減もありますが、全体的に少し白髪に色が付いています。
白髪はまだまだ残っていますが、白髪のツヤが光ることがなくなり、白髪自体は目立ちにくくなっています。

 

とはいえ、個々に白髪を見ればまだまだ白く、白髪染めからこのシャンプーに置き換えてしまえるほどの状態ではありません。
一週間使ってみた状態

 

カラーシャンプーを二週間使ってみて・・・

公式サイトで見ると「3回目位から徐々に染まり始め、14回目程度で染まります。」ということで、まずは二週間使ってみました。
毎日朝シャンプーするときに、これまでのシャンプーに置き換えて使用しています。

 

二週間使い続けてみた状態が次の写真です。
二週間使ってみた状態

 

一週間前に比べると、少し白髪に色が付いています。かなり薄手の白髪ぼかしのような状態でしょうか。白髪が髪になじんであまり目立たなくはなっていますが、白髪自体は黒くなっているわけではなく白髪に近いグレーのままです。

 

白髪対策をしていないと白髪が増えてくることを考えると、毎日のケアで白髪を進行させず、逆に白髪を目立たなくしてくれるという意味では、それなりの効果と評価してもよいかもしれません。

 

タイプ別のオススメ利尻シリーズ

今回の利尻カラーシャンプーはシリーズになっており、他にもヘアカラートリートメント白髪かくしがあります。

 

使用の手引きにあった白髪のタイプ別のオススメ商品です。
利尻カラーシャンプーは、少しずつ白髪を目立たなくしたい人や生え際の白髪も毎日ケアしたい人におすすめの商品のようです。

カラーシャンプー
利尻カラーシャンプー
カラートリートメント
利尻ヘアカラートリートメント
白髪かくし
利尻白髪かくし
髪の毛の全体的に白髪が多く生えている

生え際やもみあげなど部分的に白髪がある

全体的にチラホラとまばらに白髪がある

 

使ってみた感想&総評

シャンプータイプなので、毎日使うことで徐々に白髪が染まります。
いつものシャンプーに置き換えるだけなので、とにかく手間がかからず楽です。また毎日使用しますので日々白髪ケアができるのも魅力です。反面、染まり具合はかなり弱いです。

 

一度の使用で染まるわけではないので、しっかり染めたい人には向いていません。(一度の使用では全く染まりません)逆に、目立たずに徐々に白髪を染めることができるので、急激に白髪を黒髪にしてしまいたくないサラリーマンなどには向いていると思います。

 

また、白髪染めに比べて諸々の手間がかからず、気をつかわなくても良いことも実感しました。白髪染めであれば染める時間や放置時間をわざわざ取らないといけませんし、爪に色が付いてしまったり、周りに付けてしまわないかと何かと気も使います。

 

シャンプータイプなら、白髪染めをしていることを意識せず毎日ケアすることができます。

 

ただし、毎日使うことになりますのでコスト的には高くなってしまいます。私の髪の量であれば2ヶ月で1本弱※とすると年間では17,000円ほどかかってしまいますので、これは結構な負担になります。

 

※一回量は写真ではかなり使っているように撮影していますが、実際には少ない量(2㎝くらい)で十分に泡立ちしました。前回は1ヶ月で1本と書きましたが、2ヶ月で1本に修正しています。それでもそれなりのコストにはなりますが。。。

 

多少の手間はかかってしまいますが、個人的にはヘアカラートリートメントで定期的に白髪染めをするのが、コストを含めたトータルではおすすめかな、と思います。

 

(追記)ダークブラウンとブラックの染まり具合比較

ダークブラウンを使ってレポートしましたが、後日ブラックを再購入しました。
美容院などで使われている人毛を使って、それぞれの染まり具合を見てみましたので参考にしてみてください。

 

1回目の染まり具合

1回目ではまだまだ薄い状態です。ただ、地毛では1~2回の使用ではほとんど染まりを感じられませんでしたが、人毛では思ったよりも染まっています。
ダークブラウン(左上)は薄い黄土色、ブラック(右下)は黒というよりも少し青みがかって見えます。

 

5回目の染まり具合

1回目を含め5日連続で使用した状態です。
ダークブラウン(左上)もブラック(右下)もほぼ期待通りのカラーに染まっています。

 

10回目の染まり具合

毎日使って10日間染めた状態です。きれいにカラーが付いています。
これだけきれいに染まるのであれば毎日ではなく1~2日置きに染めてもいいかもしれません。

 

使った感想 その2

今回ダークブラウンとブラックと両方使ってみましたが、ブラックの方が色付きは良いかなと思います。自分の髪の毛は真っ黒ではなく少しだけ茶色が入っていますので、当初ダークブラウンを選びましたが、使ってみるとブラックでも染めた部分が目立つこともなく馴染みは良かったです。

 

初回限定キャンペーン実施中!初めての方はこの機会にどうぞ!

>>> 利尻カラーシャンプー公式サイト <<<
(商品は男女共用です)

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ戻る