白髪サプリ

白髪を減らす食べ物|身近な食べ物で白髪を予防しよう

  このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が増えてくると、鏡を見る回数や時間が以前と比べて増えているように感じることはありませんか?

 

チェックを怠っているといつの間にかすぐに白髪が伸びていたり多くなっていたりと見た目年齢が一気にあがってしまいます。

 

白髪が増える要因は一番は年齢によるものですが、普段の生活習慣にも白髪を増やす要因があります。

 

生活習慣の中でも重要なのが食生活。髪に必要な栄養素が不足してしまうとメラノサイトの機能が低下し健康な髪が生えてきません

 

髪に必要な栄養素をきちんと摂取することで白髪の予防や改善にもつながります。

 

今回は、白髪を予防・改善する働きの期待できる栄養を含んだ身近な食べ物をご紹介します。

 

髪に良い食べ物を積極的に食べるなど、普段の食生活を少し意識することで、無理なく白髪を減らすことができるかもしれません。

 

納豆などの大豆食品

納豆の主成分は、植物性のタンパク質です。髪の毛は、「ケラチン」と呼ばれるタンパク質が主成分です。納豆には良質なタンパク質が豊富に含まれており、白髪にはとても効果を発揮する食べ物です。

 

また、納豆には、タンパク質のほかにも「亜鉛」や「ビタミンE」が含まれており、これらの成分も髪の毛の健康に大きくかかわり、黒髪を作り出してくれるのに重要な役割をしてくれます。

 

亜鉛」は、タンパク質の合成を促進する働きがあり、髪の毛を作り出すときに欠かせない成分です。体内で作り出すことができない成分のため食事から摂取する必要があります。

 

ビタミンB」には抗酸化作用があり、過剰に発生した活性酸素がメラノサイトの働きを低下させることを防ぐ効果が期待できます。また、血管を広げる作用もあり、血管を広げることでより多く血液を頭皮に送り、髪の成長に必要な栄養素を届けるサポートを行います。

 

納豆は調理も不要で、普段の献立に手軽にプラスできる点もポイントです。納豆が苦手で、どうしても食べられない方は、豆腐、豆乳、油揚げなどの大豆製品を食べるとよいでしょう。

 

ひじきや海藻類

「ひじきを食べると白髪予防になる」という話を聞きます。
なぜ、ひじきが白髪に効くと言われているのでしょうか?

 

ひじきには「ヨウ素(ヨード)」という栄養成分が豊富に含まれています。

 

このヨウ素には細胞の成長や代謝を促進する作用があり、黒髪を作る時に必要な「メラノサイト」という細胞を活性化させる働きがあるのです。

 

また、ヨウ素には、新陳代謝を高めてくれる働きがあり、白髪予防だけでなく、美肌や健康的な体作りにも効果が期待できます。

 

ヨードを多く含む食べ物には、ひじきの他にも、海藻類や海苔もあります。
ワカメのお味噌汁や焼き海苔など、毎日の食事に取り入れるよう心がけるとよいでしょう。

 

卵には、髪の毛の健康維持に役立つ「タンパク質」「亜鉛」「」が多く含まれています。

 

これらの栄養成分が、毛根の細胞を活性化させ、頭皮全体を健康的にしてくれることで、白髪予防につながります。

 

「鉄」は、赤血球を作るのに必要な成分です。
鉄には血流を良くしてくれる働きがあるので、毛根の血行も促進され、白髪を防いでくれます。鉄も体内では作ることができないので食事からの摂取が必要です。

 

卵は、「完全栄養食品」と呼ばれるほど、栄養成分が豊富に含まれている食品です。
また、料理のレパートリーも豊富で調理しやすく、日常的に手軽に食べることができる食品です。白髪を防ぐために、毎日の食事に卵を取り入れてみましょう。

 

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品

牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品に含まれる「チロシン」という栄養成分が、白髪を予防してくれます。

 

チロシンは、髪の毛や皮膚を黒くする色素であるメラニン色素の原材料になります。チロシンが不足するとメラニン色素の生成が行なわれず白髪の発生要因になります。

 

また、「カルシウム」も多く含まれており、メラノサイトの働きを活発にしてくれるので、白髪予防になります。

 

まとめ

今回は白髪に効く栄養素を含む食品をご紹介しました。白髪予防の観点だけでなく、体にも良い食品ばかりですので、意識して摂取するようにしましょう。

 

ただし、これらの食品がいくら白髪予防に良いといってもそればかりを食べているわけにはいきません。さまざまな栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

 

また、ストレスや寝不足も白髪を多くする原因になりますので、食生活とあわせ、健康的な生活を心がけましょう。

 

関連ページ:白髪を予防・改善するために有効な栄養成分とは?
白髪は加齢が全ての要因ではなく、ストレスや喫煙、慢性的な睡眠不足などの不規則な生活や偏った食生活なども要因になります。生活習慣の乱れなどにより髪に色をつけるメラノサイトの機能が低下してし...


  このエントリーをはてなブックマークに追加

男性白髪染めランキング


このページの先頭へ戻る