男性用白髪染め

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

  このエントリーをはてなブックマークに追加

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

白髪染めには、毎日染めるタイプのものから1週間以上しっかりカラーが持続するものまで、白髪染めによって色持ち日数はまちまちです。
色持ちが悪いと白髪染めの頻度が高まり、時間的な負担も大きくなってしまいますので、色持ちも白髪染め選びの重要な判断基準になります。
頭皮や髪にダメージを与えないヘアマニキュアを対象にして、色持ち(カラーの持続日数)で比較していますので、白髪染め選びの参考にしてください。

表示の色持ち日数について

  • 色持ちは、使用者の髪で使用した実測結果をベースに算出しています。
  • 使われる方の髪質や使っているシャンプー、季節等によっても色持ちの日数は変わることがありますので目安としてご覧ください。

 

色持ち日数で選ぶならこの白髪染め!!

利尻ヘアカラートリートメント
色持ち:10日間(2週間くらいは許容可能)
ミネラル分豊富な北海道利尻島産の天然利尻昆布を使用した無添加のヘアカラートリートメント。非常に色持ちのよい白髪染めで、10日近くカラーが持続。コストと効果のバランスもよく、迷ったらこれを選んでおけば間違いが少ないでしょう。今なら初回キャンペーン税込2,160円で購入できます。
初回割引情報 容量 染め時間
公式サイトなら2,160円 200g 5~10分

 

初回限定キャンペーン実施中!初めての方はこの機会にどうぞ!

>>> 利尻ヘアカラートリートメント公式サイト <<<

 

 

POLA(ポーラ) グローイングショット

POLA(ポーラ) グローイングショット 色持ち:5日間(10日くらいは許容可能)
スキンケア化粧品メーカーとして有名なPOLAから販売されているカラートリートメント。比較的色持ちもよく5日ほどカラーが持続。10日くらいは許容なので週末ごとに染めてもOK。

ルプルプヘアカラートリートメント

ルプルプヘアカラートリートメント 色持ち:5日間(10日くらいは許容可能)
利尻ヘアカラーと並ぶ昆布系カラートリートメント。比較的色持ちもよく5日ほどカラーが持続。後半色落ちは見られるも、10日程度は許容なので週末ごとに染めてもOK。

LPLPルプルプヘアカラーフォーム

LPLPルプルプヘアカラーフォーム 色持ち:5日間(10日くらいは許容可能)
人気のルプルプシリーズから発売された泡で染めるタイプの白髪染め。白髪染め初心者や上手に白髪が染められないという方でも使いやすい。比較的色持ちもよく5日~1週間ほどカラーが持続。

キラリ カラートリートメントムース

キラリ カラートリートメントムース 色持ち:3~4日(1週間くらいは許容可能)
ヘアカラーの色持ちのよさと髪や頭皮を痛めることなく染めることができるヘアマニキュアの両方のいいところを併せ持った新感覚の白髪染め。色持ちは3~4日で、週1~2回のケアが必要。

くろめヘアカラートリートメント

くろめヘアカラートリートメント 色持ち:3~4日(1週間くらいは許容可能)
人気の育毛剤M-1シリーズを開発・販売するサラヴィオ化粧品の天然成分白髪染め。名前のとおり、希少な最高級天然昆布「くろめ」を配合。色持ちは3~4日で、週1~2回のケアが必要。

玉髪(たまぐし) 白髪用ヘアカラートリートメント

玉髪(たまぐし) 白髪用ヘアカラートリートメント 色持ち:3日間(1週間くらいは許容可能)
天然ガゴメ昆布をはじめツバキやバラなど8種類のトリートメント成分を配合したヘアカラートリートメント。色持ちは約3日で少し短め、週1~2回のケアが必要。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー 色持ち:3日間(1週間くらいは許容可能)
一本で、白髪染め、トリートメント、ヘッドスパの3つの効果を実現した、革命的ヘアケア&スカルプケア。色持ちは約3日で少し短め、週1~2回のケアが必要。

DHC Q10クイックカラートリートメント

DHC Q10クイックカラートリートメント 色持ち:2~3日(5日くらいは許容可能)
化粧品・健康食品通販でおなじみのDHCの白髪染め。コエンザイムQ10やコラーゲン、ヒアルロン酸など美容成分を配合。色持ちは2~3日と短めなので、週に1~2回のケアが必要。

資生堂プリオール カラーコンディショナー

資生堂プリオール カラーコンディショナー 色持ち:1日間(基本毎日使用)
大手化粧品メーカーの資生堂から販売されるカラーコンディショナー。シャンプー後に水気を切り、素手で気になる部分に塗って5分放置して洗い流すだけ。基本的には毎日使用するため色持ちは1日。

男性用白髪染めの選び方

コストパフォーマンスで白髪染めを選ぶ

コスパで白髪染めを選ぶ

1本当たりの使用可能回数や実際に使用してみた際の色持ち、商品価格から年間コストを算出して比較。

≫詳しく見る

染め時間(放置時間)で白髪染めを選ぶ

染め時間(放置時間)で白髪染めを選ぶ

白髪染めは出来るだけ短時間で簡単に済ませたいもの。染め時間(放置時間)の短さで白髪染めを比較。

≫詳しく見る

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

色持ち日数で白髪染めを選ぶ

毎日染めるタイプのものから1週間以上カラーが持続するものまで。色持ち(カラー持続日数)で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

お試し初回価格で白髪染めを選ぶ

お試し初回価格で白髪染めを選ぶ

新しい白髪染めを試してみたいと思っても初回金額が高いと手が出しにくいもの。試しやすい白髪染めを比較。

≫詳しく見る

匂いの少なさで白髪染めを選ぶ

匂いの少なさで白髪染めを選ぶ

白髪染めも無臭からアロマ系まで様々。香りが苦手な方でも安心!匂いの少なさで白髪染めを比較。

≫詳しく見る

初心者にも使いやすい白髪染めを選ぶ

初心者にも使いやすい白髪染めを選ぶ

白髪染め初心者の方に、初めての方でも扱いやすく、比較的簡単に染められ、使いやすい白髪染めを比較。

≫詳しく見る

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

大手の化粧品ブランドから、普段あまり耳馴染みがないブランドまで、ブランドの安心感で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

染まり具合で白髪染めを選ぶ

染まり具合で白髪染めを選ぶ

使い勝手を考えると染まりが良い白髪染めを選びたいもの。実際に使用してみた染まり具合で白髪染めを比較。

≫詳しく見る

8項目の総合ポイントで白髪染めを選ぶ

ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ

実際に使ったヘアマニキュア白髪染めを対象に、①コスパ、②染め時間(放置時間)、③色持ち日数、④初回価格、⑤匂いの少なさ、⑥初心者の使いやすさ、⑦ブランドの安心感、⑧染まり具合の8項目合計の総合点から白髪染めを評価。★総合点1位の白髪染めはコレ!

≫詳しく見る

  このエントリーをはてなブックマークに追加

色持ち日数で男性用白髪染めを選ぶ関連ページ

コストパフォーマンスで男性用白髪染めを選ぶ
白髪染めは一度使えばそれで終わりではなく、使い続けていくものですので、コストも白髪染めを選ぶ際の重要な基準です。1本当たりの使用可能回数や実際に使用した際の色持ち、商品単価から年間コストを算出。
染め時間(放置時間)で男性用白髪染めを選ぶ
定期的に行う必要がある白髪染め。毎回白髪ケアをしている方にとっても、できれば白髪染めは短時間で簡単に済ませたいもの。頭皮や髪にダメージを与えないヘアマニキュアを対象に、染め時間(放置時間)の短さで比較。
お試し初回価格で男性用白髪染めを選ぶ
評判のいい白髪染めを見つけて、自分でも試してみたいと思っても、最初の金額が高いとなかなか手が出しにくいもの。こちらでは、各ヘアマニキュアを初めて購入する方を対象に、初回価格を比較しています。
匂いの少なさで男性用白髪染めを選ぶ
匂いの少なさで白髪染めを比較しました。男性は無香料や香りが少ないものを好む傾向があり、香りが苦手な方でも安心して使える、匂いの少ない白髪染めをご紹介します。
初心者にも使いやすい男性用白髪染めを選ぶ
初心者にも使いやすい白髪染めを比較しました。そんな白髪染め初心者の方に、初めての方でも扱いやすく、比較的簡単に染められ、使いやすい白髪染めをピックアップしました。
ブランドの安心感で男性用白髪染めを選ぶ
ブランドの安心感で白髪染めを選ぶ。大手の化粧品ブランドから販売されているものや、普段あまり耳馴染みがないブランドでも長年の販売実績があるものまで、ブランドの安心感で白髪染めを選んでいます。
染まり具合で男性用白髪染めを選ぶ
染まり具合で白髪染めを選ぶ。白髪染めによって染まり具合には違いがあり、使い勝手を考えると染まりが良いものを選びたいものです。染まり具合で比較していますので、白髪染め選びの参考にしてください。
8項目の総合点で男性用白髪染めを選ぶ
実際に使ったヘアマニキュア白髪染めを対象に、①コスパ②染め時間③色持ち日数④初回価格⑤匂い⑥初心者の使いやすさ⑦ブランド安心感⑧染まり具合で調査し8項目合計の総合点から白髪染めを評価しています。

このページの先頭へ戻る